Representative greeting 代表挨拶

日本社会は、この数十年でのマルチメディア化の進展により情報量は増大(2020年には44兆GBを超えると推測)し、これまでのように伝えたい情報だけを伝え、欲しい情報だけを選ぶということが容易ではなくなってきています。

また、ソーシャルメディアの浸透により、情報の良し悪しに関係なく予定調和でない形に拡散し、それらの情報により世論が影響を与えやすい環境に変移しました。

そのような変化は、情報戦ともいわれる選挙活動にも影響を与え、選挙戦をより複雑化・多様化させていると考えています。

弊社では、このような社会環境の変化により、政策論議だけで選挙戦を戦い抜くことが難しくなってきている中で、今後は欧米諸国の選挙のように、これまで以上にPRの重要性が高まっていくと考えております。

イレクションは、ベクトルが培ってきた知見を最大限活用し、政治領域において政党や候補者と生活者を結びつけるPR活動に応用することで、総合的な選挙サポートサービス活動の展開を目指します。
同時に、その活動において得た知見を再びマーケティング及び、ブランディングのサービスに付加させ、政治とは違う領域の企業や団体に向けた先進的なソリューションに昇華させる考えです。

株式会社イレクション
代表取締役 高橋 直人